• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

科学雑誌『Newton』iPad版が登場 創刊号は無料、定期購読は期間限定で年2500円に



エラー
Newton International Editionを App Store で

Newton International Editionでは、動画や音声ナレーション、指で触って動かせる図など、iPad版独自のコンテンツを取り入れています。知りたいキーワードを検索して、該当するページにジャンプすることも可能です。また、時事通信社から毎日配信される最新の科学・技術・医療ニュースを、インターネット経由で閲覧できます。

創刊号では「DNA 驚異の世界【前編】」と題し、生命の設計図とも呼ばれるDNAの仕組みと働きを取り上げます。DNAの役割や構造を文字と画像で解説するだけでなく、画面をタッチして詳細な説明を表示させたり、DNAのらせん構造を回転・拡大させたりできます。

また、5月21日(月)に日本の広い範囲で観測できる「金環日食」をアニメーションや画像で解説。他にも、「鳥と恐竜を分ける化石」「銀河中心のねじれ」など最新の科学論文を分かりやすくまとめた「Science Sensor」、南半球を代表する天文台でとらえた星空が見られる「Cosmic Wonder」、インド洋西端に浮かぶソトコラ島の一風変わった植物を紹介する「Nature View」など、さまざまなコンテンツを用意しています。

株式会社ニュートンプレスと株式会社ニュートンは創刊記念として、iPad版の年間定期購読価格を3,000円から2,500円に値下げするキャンペーンを実施しています。なお、iPad版の記事構成は雑誌版の『Newton』とは異なります。

文: あおきめぐみ

関連エントリー