• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

国際的建築家の創作過程を明らかに モレスキンの本「建築におけるインスピレーションと過程」



http://www.moleskine.co.jp/Moleskine-World/News/nws_120626_inspiration-and-process-in-architecture
http://www.moleskine.co.jp/Online-Shop/inspiration-and-process-in-architecture(購入ページ)

「Inspiration and Process in Architecture -建築におけるインスピレーションと過程-」で取り上げるのは、イタリアの都市計画に貢献したことで知られるジャンカルロ・デ・カルロさん、1990年に大阪で開催された「国際花と緑の博覧会」で科学博物館パビリオンを出展したボールス&ウィルソン、2012年のロンドンオリンピックで水泳競技会場を担当したザハ・ハディドさん、メキシコの街づくりをリードするアルベルト・カラッチさんの4組です。人物紹介やインタビュー、イメージ画像で構成されており、建築現場のヒントや実情が明らかにされています。内容はすべて英語です。

製本の背表紙にはクロス地が、表紙にはグレーのカードボードが使用されました。従来のモレスキンでおなじみのゴムバンドや丸みを帯びた角などは、そのまま採用しているとのことです。

Moleskine Inspiration and Process in Architecture - Zaha Hadid (Design and Architecture Books)

Moleskine Inspiration and Process in Architecture - Zaha Hadid (Design and Architecture Books)

文: あおきめぐみ

関連エントリー