• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

ソフトバンクの「プラチナバンド」7/25から提供開始 対応エリアは順次拡大



プラチナバンド、プラチナバンドLTE | 通信・エリア | モバイル | ソフトバンク

プラチナバンドは、電波が遠くまで届きやすい、障害物を回り込んで伝わるなどの特性を持つ700MHz~900MHzの周波数帯域を指します。従来の帯域に比べ、室内やビルの陰などでも通信しやすくなります。ソフトバンクモバイルの対応機種で利用する際に、設定や申し込みは必要ありません。プラチナバンドの詳細については、同社がオープンした特設サイトにまとめられています。

対応機種は以下の通りです。

  • 2012年夏モデルの7機種すべて
  • iPhone 4、iPhone 4S、iPad 2、新しいiPad
  • 105SH、001HT、 X06HTII、X06HT、X05HT、X04HT

以下のページでは、9月末までにプラチナバンドに対応予定のエリアを確認できます。
サービスエリアマップ | サービスエリア | 通信・エリア | モバイル | ソフトバンク

ソフトバンクモバイルは、1月に900MHz帯を使用する特定基地局の開設計画を総務省に申請し、3月に認定を受けました。開設計画によると、基地局を2012年度中に約1万6千局設置し、2016年度中に約4万1千局まで増設。人口カバー率を99.9%にする予定です。

900MHz帯“プラチナバンド”の割り当てについて | ソフトバンクモバイル株式会社

文: あおきめぐみ

関連エントリー