• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

アトム、999、ナウシカ、プリキュアも! 新旧アニメの資料を集めた展示、鳥取で9/23まで



http://www.library.pref.tottori.jp/hp/menu000001800/hpg000001712.htm
manga-tottori.jp

「アニメが描く希望と未来」展は、「東京国際マンガ図書館」(仮称)設立のためにマンガやアニメの資料を収集している、明治大学と連携した企画展です。日本初のカラーアニメ映画「白蛇伝」から最新テレビアニメ「スマイルプリキュア!」まで、半世紀分に及ぶアニメの原画やセル画、ポスター、玩具などを展示しています。

不朽の名作「鉄腕アトム」にはじまり、「宇宙戦艦ヤマト」「機動戦士ガンダム」といったSFの王道作品、「魔法使いサリー」から「美少女戦士セーラームーン」「魔法少女まどか☆マギカ」に至る魔法少女作品の系譜などが展示されます。加えて、「アルプスの少女ハイジ」「ルパン三世 カリオストロの城」「風の谷のナウシカ」などで知られる宮崎駿さんの活躍、ロボットと美少女の二つのテーマが融合した「超時空要塞マクロス」「新世紀エヴァンゲリオン」も紹介します。

水木しげるさんや谷口ジローさん、青山剛昌さんら多くのマンガ家を輩出している鳥取県は、マンガで県をPRするプロジェクト「まんが王国とっとり」に取り組んでいます。「アニメが描く希望と未来」展も、8月4日から11月25日まで開催されている、まんが王国とっとりの関連イベント「国際まんが博」の一環として企画されました。

文: タニグチナオミ

関連エントリー