• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

文楽の研修を見学&体験しよう 8/29に大阪・国立文楽劇場で



研修生募集 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会
文楽研修生を志望する方へ 文楽研修の授業を見学・体験してみませんか!!(JPG)

見学会は、文楽研修生を志望する人向けに、研修の内容を知ってもらう目的で開催されます。当日は、大夫と三味線のワークショップや人形遣い専攻の授業見学などが行われます。時間は午後1時~午後4時、場所は国立文楽劇場 研修室です。申し込み先は上記エントリーをご覧ください。

文楽の研修制度は、後継者を養成するため、1972年に始まりました。応募資格は中学校卒業以上、23歳までの男子で、期間は2年です。修了後は文楽協会に所属し、舞台に出演します。8月9日現在、第26期の研修生を募集中です。

文楽はもともと伝統芸能「人形浄瑠璃」を上演する劇場の名前でしたが、やがて芸能そのものを指す名称となりました。物語を語る「大夫」、その隣で演奏する「三味線」、3人で1体を操る「人形遣い」からなる演芸で、ユネスコの無形文化遺産に指定されています。

文楽への誘い 〜文楽鑑賞の手引き〜

文: 新野漸

関連エントリー