• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

グラフィックデザイナー・田中一光さんの企画展、東京ミッドタウンで9/21から開催



21_21 DESIGN SIGHT - 企画展「田中一光とデザインの前後左右」 - 開催概要
21_21 DESIGN SIGHT企画展「田中一光とデザインの前後左右」|2013年|イベント|東京ミッドタウン
企画展「田中一光とデザインの前後左右」は、成田国際空港の壁画デザインなどで知られる田中さんの著書『デザインの前後左右』に基づき、田中さんの発想の広がりと表現の着地する様子を取り上げます。

会場では、田中さんの手掛けた立体作品の実物と実物大写真バナーをはじめ、装丁や構成を担当した書籍と著書約60冊などを展示。そのほか、田中さんのグラフィック表現の広がりと奥行きを3つのテーマに分け、原画や校正紙などを完成品の縮刷とともに展示します。

田中さんは1960年に日本デザインセンター創立に参加し、1963年には田中一光デザイン室を主宰。日本万国博覧会政府館の展示設計や無印良品のアートディレクションなどを手掛けました。1994年に紫綬褒章を受賞し、2000年には文化功労者に選ばれています。

良品計画はこの企画展に合わせて、田中さんが無印良品に込めた思いを表現する「田中一光展」を東京と福岡の計3店舗で9月21日から順次開催します。
田中一光展開催のお知らせ | ニュースリリース | 株式会社 良品計画

文: 青山祐太郎

関連エントリー