• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

料理番組「キユーピー3分クッキング」で失敗? 厚焼き卵が焦げた



厚焼き卵 | 日テレオンデマンド - 日テレの動画ポータルサイト
厚焼き卵のレシピ|キユーピー3分クッキング

話題になっているのは、始めから終わりまで強火で作る厚焼き卵です。フライパンも、あらかじめ強火で熱したものが用意されていました。調理を担当した料理研究家の藤井恵さんによると「強火で焼かないとどんどん水分が抜けて焼き締まってしまう」とのこと。火を強めにすることで、ふっくらとした卵焼きが出来上がるそうです。

フライパンに流し込まれた最初の卵液の量は、全体の4分の1。表面がほとんど固まるまでフライパンを動かした後、端から手前へ折り畳むように卵を返していました。しかし生地の焼き色は、なんとなく焦げてしまったように見えます。アナウンサーの「これくらいしっかりと焼き色がついていいんですか?」という問い掛けに、藤井さんは「そうなんです」と返答していました。番組のテロップにも、念を押すように「火加減は初めから終わりまで強火で!」と書かれています。一見焦げているように見える焼き色は、砂糖やしょうゆをしっかり入れているからだそうです。

完成した厚焼き卵は、ふっくらとおいしそうな形になっていました。あわや失敗かと思われた調理内容に、2ちゃんねるには「若干あせっててワロタ」「ふふってなったwww」といった書き込みが投稿されたほか、はてなブックマークには「動画見たけど後半なんとか持ち直してる。けどやっぱ全体的に黒いw」「バウムクーヘン風卵焼きということにしておけば」といったコメントが寄せられています。
【悲報】 キューピー3分クッキングで厚焼き卵失敗 - ゴールデンタイムズ

なお、藤井さんによると「卵焼きは最後が綺麗にまとまっていたらいいので、最初は気楽でいいんです」とのこと。ブログにも「甘いので焼き色がしっかり付きます」と書かれています。
3分クッキング10/29 OA|藤井恵 オフィシャルブログ 「ごはんにしましょ!」 Powered by Ameba

文: あおきめぐみ

関連エントリー