• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

東京・中目黒に無料の“映画館”が誕生 11/24にウディ・アレン監督作『アニー・ホール』上映



http://nakamegurocinemas.jp/
https://twitter.com/nkmcnms

中目黒シネマズは、映画と街を活性化させる新たな“町おこし&映画おこしプロジェクト”として展開されます。良質な作品との出会いや、野外上映をはじめとする特別な映画体験を通して、映画の持つ楽しさや感動を提供していくとのこと。作品は無料で視聴できます。本格的な始動は2013年1月からです。

プレイベント vol.1として11月24日に上映される『アニー・ホール』は、1977年に公開されたウディ・アレン監督によるラブストーリーです。同年のアカデミー賞では、最優秀作品賞ほか多数を受賞しました。なお、イベントの意向として、椅子ではなく床に座っての視聴となります。会場は青少年プラザ(目黒区)の7階。65人まで入場できます。受付開始は午後6時、開場は午後6時15分、終了予定は午後9時です。

上映に伴い、ウディ・アレン監督やその作品を解説するトークショー「初めてでもわかるウディ・アレン論」が同時開催されます。出席者は、映画文筆家の松崎健夫さん(@eigaoh)と、映画解説者の中井圭さん(@nakaikei)。中井さんは、中目黒シネマズで上映する作品の選定なども担当しています。

アニー・ホール [Blu-ray]

アニー・ホール [Blu-ray]

文: あおきめぐみ

関連エントリー