• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

2012年に最も売れた本は? オリコンが「年間“本”ランキング」発表



2012年 本ランキング特集『ヒット作の定番化――シーンをけん引するキーワードとは!?』 | ORICON STYLE

ランキングは大きく「BOOK」「コミック」「文庫」に分けて発表され、「BOOK」については総合、新書、ムック、作家別の4つに分けられています。「コミック」は総合とシリーズ別で、「文庫」は総合、ライトノベルシリーズ別、作家別でランキングにしています。「ビジネス書」「文芸(小説)」「ライトノベル(文庫)」「自己啓発」「美容・ダイエット」など、ジャンル別でも発表されています。

この中からいくつかの部門をピックアップ。それぞれのトップ3を紹介します。

■ BOOK(総合)

BOOK(総合)部門で年間ベストセラーに輝いたのは、付録として「骨盤枕」が付いてくる「寝るだけ! 骨盤枕ダイエット」です。続く2位にはエッセイストの阿川佐和子さんによる「聞く力―心をひらく35のヒント」がランクイン。週刊文春の連載対談「阿川佐和子のこの人に会いたい」などで培ったインタビュー術を紹介しています。3位にはノートルダム清心学園の理事長を務める渡辺和子さんの「置かれた場所で咲きなさい」が続きます。

寝るだけ! 骨盤枕ダイエット (ヒットムックダイエットカロリーシリーズ)

寝るだけ! 骨盤枕ダイエット (ヒットムックダイエットカロリーシリーズ)

■ コミック(総合)

コミック部門では、マンガ「ONE PIECE」がTOP3を独占する結果に。続く4位にも「ONE PIECE 68」が続いており、人気の高さが伺えます。「ONE PIECE」以外では、「NARUTO-ナルト-」や「君に届け」、「青の祓魔師」といった作品が上位にランクインしています。

ONE PIECE 65 (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 65 (ジャンプコミックス)

■ 文庫(総合)

2013年1月からドラマ化される「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズから、第1巻の「ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち」が1位に。同シリーズは5位と8位にも登場しています。2位は村上春樹さんの「1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉前編」で、後編は6位にランクイン。3位は東野圭吾さんのガリレオシリーズ第5弾「聖女の救済」でした。

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)

■ 文庫(ライトノベルシリーズ)

ライトノベルのシリーズ別1位と2位には、オンライン小説で話題になった川原礫さんの作品が並びます。3位にはアニメ「氷菓」の原作である「古典部シリーズ」が続いています。上位3シリーズは、2012年にアニメ化された作品が占める結果となりました。

ソードアート・オンライン〈10〉アリシゼーション・ランニング (電撃文庫)

ソードアート・オンライン〈10〉アリシゼーション・ランニング (電撃文庫)

■ 文芸(小説)

文芸(小説)部門では2012年の本屋大賞を受賞し、2013年4月に映画化される「舟を編む」が1位となっています。2位の「謎解きはディナーのあとで 2」も、前作「謎解きはディナーのあとで」が2011年の本屋大賞を受賞しています。3位の「恋物語」は、西尾維新さんの物語シリーズ9作目に当たる作品です。

舟を編む

舟を編む

BOOK(総合)部門の1位「寝るだけ! 骨盤枕ダイエット」は、推定売上部数792,426部。2008年から毎年出ていたミリオンセラーは、2012年では誕生しませんでした。

各ランキングについての詳細は、以下のページからどうぞ。

2012年 本ランキング特集『ヒット作の定番化――シーンをけん引するキーワードとは!?』 | ORICON STYLE

文: 古関崇義

関連エントリー