• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

今度も虚構……じゃない!? 虚構新聞社の書籍第2弾『虚構新聞2013』1/10発売



虚構新聞ダイレクト:本紙書籍化第2弾『虚構新聞2013』発売について

虚構新聞社社主・UKさんによると、前作『号外!!虚構新聞』(笠倉出版社)では約240ページにわたって「1行の空白もなくなるほどに大小さまざまな記事を詰め込んだ」ため、読者から「字ばかりで読みにくい」との意見もあったそう。これを踏まえ、今作では字数や行数などを調整し、読みやすさを最優先したことで「暇つぶしにはちょうど良い感じの分量」になったとしています。

『虚構新聞2013』の発売日には、UKさんが神戸・大阪・京都・滋賀の駅前大型書店を中心に販売促進活動を行います。活動内容は、購入特典として同書に「社主名刺(2013年版)」を挟むことを予定。活動の様子は、虚構新聞のTwitter(@kyoko_np)でリアルタイムに報告されます。

なお、ワンコイン本として発売された前作は、すでに絶版となっているそうです。UKさんは「もし今作が売れれば、絶版になってしまった前作を再刊(リメイク)してもらえるかもしれません。そういう意味でも、多くの方にお買い求めいただければ、大変ありがたいです」と呼び掛けています。

虚構新聞2013 (宝島SUGOI文庫)

虚構新聞2013 (宝島SUGOI文庫)

文: あおきめぐみ

関連エントリー