• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

冥王星の衛星「P4」「P5」の名前を募集 候補は「ケルベロス」「タナトス」など



Dr.Senobiru(ドクターセノビル)【エメラルドオーシャン・トレーディング株式会社】 | 子供の身長お助けナビ
Name the Moons of Pluto | SETI Institute

冥王星にはこれまで3つの衛星が確認されていましたが、2011年と2012年にハッブル宇宙望遠鏡の画像によって、新たに2つの衛星「P4」「P5」があることが判明しました。SETI研究所は2つの衛星に固有の名前を付けるために、特設サイトで投票と提案の受け付けを開始しました。

冥王星の英語名プルート(Pluto)は、ローマ神話に登場する冥界の王から名前が付けられています。プルートは、ギリシア神話のハデスにあたります。これまでの3つの衛星「カロン(冥府の川の渡し守)」「ニクス(夜の女神)」「ヒドラ(9つの頭を持つ怪物)」も、ギリシャ神話やローマ神話、冥王ハデスと冥界の物語に由来する名前です。新たな2つの衛星も同様で、冥界の番犬「ケルベロス」や死の神「タナトス」などが候補に挙がっています。

候補より素晴らしい名前を思い付いたときは、専用のフォームから応募できます。フォームには名前と推薦理由を記入する必要があります。提案が受け入れられた場合、候補としてリストに記載されます。

SETI研究所は投票の結果を踏まえた上で、国際天文学連合(IAU)で衛星の名称を提案します。

文: 青山祐太郎

関連エントリー