• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

たった1日で“お遍路さん”完了? 四国八十八ヶ所の巡礼イベント、東京・丸の内で4月開催



四国八十八ヶ所霊場会公式ホームページ:ご開創1200年
四国霊場開創1200年記念催事 1日で巡るお遍路さん in 丸の内 四国霊場88体ご本尊とお砂踏み 77年ぶりの出開帳 東京で初開催

四国八十八ヶ所の霊場を巡る“お遍路さん”は、弘法大師(空海)が厄除けに訪れた寺を巡礼する旅として人気を集めています。全行程が約1,300kmと長距離のため、徒歩で巡ると1ヶ月半~2ヶ月、車を使っても10日~2週間ほどかかるとのことです。四国霊場開創1200年を記念する「1日で巡るお遍路さん in 丸の内」では、各霊場の本尊88体が会場内に勢ぞろいするため、たった1日で八十八ヶ所を“巡礼”できます。本尊88体が四国を離れるのは77年ぶりで、東京での出開帳は初めてだそうです。

このほか、実際に巡礼した場合と同じ功徳を持つ「お砂踏み」の体験も可能です。イベントの入場者には、八十八ヶ所すべてを巡礼すると発行される「結願之証(けちがんのしょう)」が渡されます。会場では、巡礼用品や四国物産品の販売も実施します。

開催時間は午前9時~午後9時。3時間ごとの時間指定制で、1日あたり4部開催されます。各部の定員は700人。入場料は前売券が2,000円(税込)、当日券が2,300円(税込)です。詳細は上記のエントリーをどうぞ。

文: あおきめぐみ

関連エントリー