• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

うなぎパイの“しらす版”に、ちびまる子ちゃんの限定グッズ――グルメな「東海のお土産」


■ あの「夜のお菓子」には“仲間”がいた! 静岡で買えるお土産

<浜松土産の「うなぎパイ」には姉妹品も>


浜松のお菓子処 春華堂
うなぎパイファクトリー|店舗のご案内|浜松のお菓子処 春華堂
浜松土産として有名なのが「うなぎパイ」。実は、隠し味に少量のガーリックが使われています。パッケージなどに記載されている「夜のお菓子」というキャッチフレーズには、「家族団らんのひとときに召し上がってもらいたい」という意味が込められているそう。姉妹品の「しらすパイ」は「昼のお菓子」、ブランデー入りの「うなぎパイ V.S.O.P.」は「真夜中のお菓子」として販売されています。

<地元のパン屋こだわりの蒸しパン>

熱海ほていや:マックスバリュ東海株式会社
1947年に創業した「熱海ほていや」はもともと地元のパン屋として親しまれていましたが、オリジナルの蒸しパンが好評だったことから、現在は蒸しパン専門店として営業しています。“パンでもなく普通の蒸しパンでもない”という独特の食感が特徴で、季節ごとに種類を入れ替えて販売しているとのこと。熱海店では全18種類を用意しているそうです。オンライン通販にも対応しており、栗やかぼちゃ、ショコラ、ブルーベリーチーズなどを取り扱っています。

<「ちびまる子ちゃんランド」限定のグッズ>

おみやげ&体験コーナー « ちびまる子ちゃんランド
静岡市清水区は、マンガ「ちびまる子ちゃん」の舞台として有名です。作品の世界観を体験できる施設「ちびまる子ちゃんランド」では、ここでしか買えないオリジナルグッズを用意。清水名物の「カレーもつ」と登場人物「ヒロシ」がコラボレートした「ヒロシ 男のカレーもつ」をはじめ、瓦せんべいや手ぬぐいなどがそろっています。

■ 岐阜の栗和菓子と起き上り最中


栗きんとん本家[すや]
岐阜銘菓の和菓子 帰省ギフトなら起き上り本舗へ
和菓子店「すや」の看板商品は、栗と砂糖だけで炊き上げた「栗きんとん」です。栗を使った和菓子は他に、季節の商品「栗蒸し羊羹」「栗饅頭」、通年で購入できる「栗こごり」「栗納豆」などがあります。「起き上り本舗」の「起き上り最中」は、だるまの形をしたもなかに小倉あんや抹茶あんが詰まった、見た目もかわいい一品。起き上がりこぼしのように、つい突いてみたくなりそうです。

■ みそだけじゃない! 愛知・名古屋のグルメなお土産


お土産・買う | 名古屋観光情報 名古屋コンシェルジュ
名古屋グルメバイブル2012
愛知・名古屋のお土産からは名物の「ういろう」や「きしめん」をはじめ、卵を八丁みそで一昼夜煮込んだ、おつまみにぴったりな「みそたま」などが紹介されています。北海道大学大学院医学研究科のサイトでは、「北大医局秘書が選ぶベストオブ名古屋土産」としてオススメのお土産を掲載。いもけんぴ「花火」やフルーツ餅「おほほっ」など、ユニークな名前の商品も登場しています。

■ 三重・伊勢は老舗の和菓子が人気

<定番の「赤福餅」>


伊勢名物 赤福
伊勢といえば、餅の上にこしあんを乗せた「赤福餅」が有名です。特徴的な形は、伊勢神宮の神域を流れる五十鈴川のせせらぎがモチーフだそう。あんにつけた三筋の形は清流を、餅は川底の小石をイメージしているとのことです。商品サイトでは、赤福オリジナルのペーパークラフトも公開されています。赤福の本店をかたどったペーパークラフトもあるので、お土産と一緒に渡すと喜ばれるかもしれません。

<伊勢神宮周辺で買えるお土産>

伊勢名物ういろ 和菓子の製造販売|創業大正十二年 虎屋ういろ
伊勢神宮内宮前 食事処岩戸屋 | 株式会社 岩戸屋
名物 へんば餅
1923年に創業したういろう専門店「虎屋ういろ」では、約35種類のういろうを販売しています。季節限定商品も充実しており、春季にはピンク色が鮮やかな「春風ういろ」や、ハートをデザインした「バレンタインういろ」を販売。夏季には「スイカういろ」、秋季には「紅葉ういろ」などが登場します。伊勢神宮の近くに店を構える岩戸屋は、“お多福印”の生姜糖などが有名です。米粉を使った「へんば餅」は、口溶けのいいまろやかなこしあんを味わえます。


「“オススメのお土産”北海道・東北編」と「関東編」は、下記の記事をどうぞ。
しっとりバウムクーヘンに絶品ごはんのお供 オススメしたい「北海道・東北のお土産」 - はてなニュース
Suicaのペンギンや“大仏”、マトリョーシカも買える! 定番だけじゃない「関東のお土産」 - はてなニュース


Title Photo by むぅ[Sakura Mutsuki]

文: あおきめぐみ

関連エントリー