• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

東横線渋谷駅の旧駅舎で謝恩イベント、3/22から3日間 レールのカット売りやバラスト詰め放題も



東横線渋谷駅が「公園」になる!3月22日~24日、旧・東横線渋谷駅で3日間限りの謝恩イベントを開催します(PDF)
アルバイトで収入が低いならおまとめローンが便利

謝恩イベント「TOYOKO LINE SHIBUYA Station Park~『ありがとう』と『さよなら』の3日間~」は、地上にある東横線渋谷駅の旧駅舎で開催されます。駅舎を「緑の公園」に見立て、東急線をはじめとする鉄道関連のグッズ販売や、プラレールのジオラマ展示、ジャズライブなどを行います。入場料は120円(税込)、小学生以下は無料です。

グッズ販売「ステーションバザール」では、東横線渋谷駅のメモリアルグッズや、2,000セット限定のフレーム切手シート、鉄道部品が用意されます。さらに、シリアルナンバー入りカットレールを先着1,000個限定で予約販売。実際に使っていた東横線渋谷駅のレールを切り出したものです。東急百貨店ネットショッピングでも予約を受け付けています。価格は、カットレール本体が9,975円(税込)、アクリルフレーム付きが13,440円(税込)です。

体験イベント「バラスト詰め放題」は、旧駅舎手前の線路上に降り、実際に使われていたバラストをオリジナル巾着袋に詰める企画です。当日に会場でオリジナル巾着袋を購入の上参加します。各日先着1,000袋限定で、価格は500円(税込)です。同社は企画について「二度と見ることのできない線路上からの渋谷駅の風景を、この機会にぜひご堪能ください」と説明しています。

各日の開催時間は以下の通りです。

  • 3月22日(金)正午~午後9時
  • 3月23日(土)午前10時~午後9時
  • 3月24日(日)午前10時~午後6時

※入場は各閉場時間の30分前まで

文: あおきめぐみ

関連エントリー