• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

ソフトバンク、スマホ向け健康管理サービス発表 ワイヤレス活動量計「Fitbit Flex」を国内初提供



クラウド上に蓄積したお客さまの健康データを基に理想の体作りをサポート!「SoftBank HealthCare」を提供開始 | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ

「ソフトバンク ヘルスケア」の対応デバイス第1弾は、歩数、距離、消費カロリー、睡眠時間の4つのデータを計測できるリストバンド「Fitbit Flex」です。アメリカの「Fitbit」が販売しているデバイスで、日本国内ではソフトバンクモバイルが先行して独占的に提供します。

「Fitbit Flex」で計測したデータはBluetooth通信でクラウド上に蓄積され、スマートフォン専用のアプリでチェックできます。データをもとに、ソフトバンクモバイルがさまざまなサポートを提供します。主なサポートメニューは以下の6つです。

  • ヘルスケアバランス
    • 「Fitbit Flex」で計測した活動量などに基づき、5つの指標(体力・抗エイジング力・意識力・継続力・美力)で体の状態を分析
  • タイムマシン
    • 「ヘルスケアバランス」の指標と、あらかじめ登録したユーザーの顔写真を基に将来の顔を予測、表示
  • 電話での無料健康相談
    • 看護師、栄養士、医師などの専門家に、健康やダイエットに関する相談が可能。通話料無料で365日24時間対応
  • 睡眠計測
    • 「Fitbit Flex」を着けて寝ると、睡眠の状態(時間とサイクル)を測定しグラフで表示
  • チャレンジ
    • 「めざせ3日間で10km」など、運動を促すイベントを用意。目標を達成すると、ギフト券などが当たるくじに使用可能なコインがもらえる
  • フレンド
    • 登録した友達に活動記録をシェアできる

対応予定端末は、iPhone 4S以降とAQUOS PHONE Xx 206SH。そのほかのスマートフォンにも順次拡充していく予定とのことです。サービスの申し込みは、ソフトバンクの取り扱い店舗、ソフトバンクオンラインショップ、ソフトバンクモバイルユーザーの専用サイト「My Softbank」で受け付けます。

文: タニグチナオミ

関連エントリー