• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

冥王星の新たな2つの衛星 ギリシャ神話由来の「ケルベロス」「ステュクス」に決定



Names for New Pluto Moons Accepted by the IAU After Public Vote | Press Releases | IAU
Pluto's Smallest Moons Receive Their Official Names | SETI Institute

冥王星の衛星P4とP5は、2011年と2012年にハッブル宇宙望遠鏡によって発見されました。名前を付けるため、アメリカの非営利団体「SETI研究所」が一般投票を実施。結果を反映するとしていました。
冥王星の衛星「P4」「P5」の名前を募集 候補は「ケルベロス」「タナトス」など - はてなニュース

最も票を集めた名前はアメリカのドラマ「スタートレック」シリーズにちなんだ「バルカン」で、2位が「ケルベロス」、3位が「ステュクス」でした。しかし、バルカンはかつて存在すると考えられていた惑星の名前であったことなどから、ケルベロスとステュクスに決まりました。いずれも冥王星の他の衛星と同じく、ギリシャ神話に由来する名前です。
Dr.Senobiru(ドクターセノビル)【エメラルドオーシャン・トレーディング株式会社】 | 子供の身長お助けナビ

文: 青山祐太郎

関連エントリー