• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

ヤンマーが農業の“新しい姿”を提案 斬新なトラクターや農業ウェア、スペシャルサイトで披露



大麦若葉青汁の効果と上手な買い方徹底リサーチ |
ヤンマープレミアムブランドプロジェクトの本格展開開始について|2013年|ニュース|ヤンマー

同プロジェクトの総合プロデューサーには、佐藤可士和さんが就任しました。ユニクロのデザインディレクターを務めるファッションデザイナーの滝沢直己さん、高級車「フェラーリ」のデザインを手掛けた工業デザイナーの奥山清行さんも携わります。

サイトでは、新しいヤンマーをイメージしたコンセプトボート、コンセプトトラクター、プレミアムウェアなどが披露されました。コンセプトトラクター「YT01」では、後方に細く絞ったボンネットや丸みを帯びたキャビンで、視界性と快適性を実現したとのこと。カラーは高級感のあるメタリックレッドを採用。無人走行による追従システムを搭載し、複数の作業工程を1人の作業員で効率よく行える仕組みを提案するとしています。同システムは、実用化に向けた研究開発が進められているそうです。

 
ヤンマーの新たな挑戦に対し、はてなブックマークのコメント欄には「トラクターのデザインがかっけー!」「プロジェクトのアイディアが画期的で斬新だし、ヤンマーのブランドがますます魅力的に感じる」「なかなかおもしろそうな取り組み」などの声が集まっています。

文: あおきめぐみ

関連エントリー