• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

日焼け、かゆみ、大人ニキビ 夏の“肌トラブル”を改善するには?


■ 虫刺されやあせもの“かゆみ”をなんとかしたい!

「かゆいから」といってむやみにかきむしると、皮膚を傷つけてしまいます。かゆみの原因別に、正しい対処法を知っておきましょう。


虫刺され、あせも…様々な“かゆみ”の対策法 - はてなニュース

蚊に刺されるとかゆくなるのは、蚊が血を吸う際に一緒に出す分泌液が原因です。刺されてしまったら、なるべく早めに患部を洗い流します。あせもによるかゆみは、大量にかいた汗が皮膚の中にたまることによって起こります。早めにシャワーなどで汗を洗い流し、服を着替えましょう。かきむしると症状が悪化するので注意が必要です。

■ 夏の“日焼け”で注意したいこと

続いて、この時期多くの女性を悩ませる日焼け対策です。

<日焼け止めの正しい使い方>


紫外線対策はお早めに!日焼け止めを効果的に使う方法 - はてなニュース

「日焼け止めさえ塗れば大丈夫」と思いがちですが、適当に塗ると本来の効果が出なくなってしまいます。手や足の甲など見落としがちな場所の塗り忘れや塗りムラがないように、丁寧に塗りましょう。夏場は汗で日焼け止めが流れ落ちてしまうので、2~3時間おきに塗り直せるとベターです。

<焼きすぎてしまったら?>


うっかり焼きすぎてしまったら?気を付けたい「日焼け」のアフターケア - はてなニュース

日焼けしすぎた肌は、いわば“やけど”と同じ状態です。放っておくとシミなどの原因に。日焼けの程度に合わせたスキンケアで改善しましょう。健康的に日焼けしたいなら、“1日で一気に焼こうとしない”のが大切です。

■ 夏の“大人ニキビ”

この時期の肌ダメージは、“大人ニキビ”を悪化させてしまいます。早めのケアを心がけましょう。

<大人ニキビはなぜできる?>


「男も美肌」の時代!男女問わずチェックしたい「大人のニキビケア」 - はてなニュース
http://mico.allabout.co.jp/special/070807/index_4.htm

皮脂が原因の“思春期ニキビ”とは異なり、大人になってからのニキビはストレスや生活習慣の乱れが主な原因で発生します。正しい洗顔や保湿といったスキンケアはもちろん、バランスの取れた食事など内側からのケアも重要です。上記のエントリーでは、ニキビ予防に効果のある食材や、ニキビの原因になるというリンパの詰まりを改善するマッサージを紹介しています。

<夏肌トラブル対策、5つのポイント>


夏の肌トラブルを回避する“5つの正しいスキンケア法” | ニュースウォーカー

こちらのエントリーでは、ニキビなどの“夏肌トラブル”を防ぐポイントを次のように挙げています。部屋の中のダニやホコリ、衣服に付いた汚れも肌にダメージを与える原因になるので気を付けたいですね。

  • 洗顔は夏でもぬるま湯で、体を洗うときは手で
  • カーテンは月に1回洗濯を、掃除は少なくとも3日に1回
  • 新しい下着は、下ろす前に水洗いを
  • ソファーは布より革のものを選び、じゅうたんはやめる
  • 洗濯機を洗う


スキンケアだけでなく、家の中を清潔に保つことも大切です。下記のエントリーでは、重曹や酢を使った手軽な“エコ掃除”のやり方を紹介しています。

新聞紙やみかんの皮も使える!“お得でエコ”に大掃除をしよう - はてなニュース


Title Photo by Muffet

文: 飯塚朋子

関連エントリー