• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

地球儀のような家庭用スクリーン「ワールドアイ」 銀河系や海、手持ち動画などの投影が可能



学研 ワールドアイ
世界初 !! 驚きの家庭用情報球儀「 WORLDEYE」(ワールドアイ)発売|株式会社 学研ホールディングスのプレスリリース

ドーム型スクリーンのワールドアイは、さまざまな映像を投影する“情報球儀”です。曲面で映し出される映像では、平面の映像とは違った「吸いこまれそうな驚きのリアル感」が楽しめるそう。コンテンツの提供元として、宇宙航空研究開発機構(JAXA)や海洋研究開発機構(JAMSTEC)、NHKエンタープライズなどの名が挙がっています。

収録コンテンツは大きく分けて4種類。「地球」では大陸移動の様子や台風の動き、震源分布図など16コンテンツを投影します。宇宙について解説する「太陽系・銀河系」では、人工衛星「かぐや」から撮影した月のクレーターや星雲など、16コンテンツを用意。「星座」には、12星座と季節の星座などを16コンテンツ収録しています。「アクア」では、NHKによる4つのスペシャル映像が楽しめます。

HDMIケーブルを使って本体とスマートフォン、タブレット端末、パソコンを接続すると、自分で撮影した動画や画像の投影も可能に。学習用やインテリアとして飾るだけでなく、映画を流したり、好きなアーティストのミュージックビデオを流したりと、楽しみ方も広がりそうです。

Gakkenワールド・アイ

Gakkenワールド・アイ

文: あおきめぐみ

関連エントリー