• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

国立国会図書館の歴史的音源に約1万点追加 東郷平八郎の演説、坪内逍遥の朗読はWeb公開



歴史的音源
歴史的音源約1万点を「れきおん」に追加しました(付・プレスリリース)|国立国会図書館―National Diet Library

れきおんは、国立国会図書館デジタル化資料のコンテンツとして提供された歴史的音源を検索できるページです。歴史的音源とは、1900年代初頭から1950年ごろまでに国内で製造されたSPレコード内の音楽・演説を、歴史的音盤アーカイブ推進協議会(HiRAC)がデジタル化したもの。9月27日に新たな音源が加わったことで、全音源数は約48,700点に上りました。館内限定公開の音源は、国立国会図書館および配信提供参加図書館125館で聴取できます。

全音源のうち、著作権・著作隣接権の保護期間満了を確認した約300点については、Webでの公開もスタート。ジャンルは主に演説・朗読で、演説は東郷平八郎や尾崎行雄、近衛文麿、平沼騏一郎、米内光政、松岡洋右、東條英機などの283点、朗読は坪内逍遥の音源12点を含みます。これにより、Webで聴取できる音源数は1,090点となりました。

国立国会図書館によると、今回の公開をもってHiRACがデジタル化した全音源の追加提供が終了したとのことです。

文: あおきめぐみ

関連エントリー