2つ以上の台風が接近して生じる「藤原の効果」とは 台風27号は上陸すれば“史上3番目の遅さ”

2つの台風の複雑な動き(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp 2つの台風の複雑な動き(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp

藤原の効果とは、2つ以上の台風が互いに接近し、相互関係で複雑な動きをする現象です。例としては「片方の台風が、もう片方の台風を回るように動く」「片方の台風のあとを追うようにして、次の台風も似た進路を通る」「東側の台風が北上するまで、西側の動きが停滞」などが挙げられています。

tenki.jpのコンテンツ「日直予報士」によると、台風27号と台風28号は互いに接近した後、台風28号が北東へ進路を変え、それを追うように台風27号が進んでいく予想です。しかし藤原の効果による影響で、台風の進路パターンが変化することも考えられるとのこと。このため、予想進路をこまめに確認し、早めに台風への対策をしておくよう呼び掛けています。

台風27号。今後進路パターンが変わることも予想される

また、台風27号が上陸すれば、1951年からの観測史上で3番目に遅い時期の上陸となります。これまでで最も遅い時期に上陸した台風は、1990年11月30日午後2時ごろ、和歌山県白浜町の南で観測された台風28号でした。

台風27号、上陸すれば記録的遅さ(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp 台風27号、上陸すれば記録的遅さ(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp

「非常袋」に関連する商品 by BECOME