• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

フリーゲーム「ゆめにっき3D」海外のファンが制作 不気味な世界観やキャラが“立体化”



Game Jolt - Indie games for the love of it

「ゆめにっき3D」は、ロシア人のZykovEddyさんが10月に公開したフリーゲームです。ききやまさんが開発した「ゆめにっき」の世界観を“3D”で表現しており、本編の雰囲気を残しつつも、オリジナルの要素を多く取り入れています。

プレイヤーは、本編にも登場する「窓付き」を操作してゲームを進めていきます。目的は、夢の世界に隠されている6つのエフェクトと、3つの鍵を集めること。ゲームの世界観を紹介するプロモーションビデオでは、実際のプレイ画面のほか、本編でも人気のキャラクター「ポニ子」や「ウボァ」などの姿が確認できます。“立体”になったことで、ゲームの雰囲気はより不気味さが増しています。


Yume Nikki 3d v 0.02 gameplay video (my indie game) - YouTube


Yume Nikki 3d v 0.02 - Uboa event (my indie game) - YouTube

ファンによる力作に、はてなブックマークのコメント欄には「これマジか!やりたい!!」「素晴らしいとしか言い様がない」などの感想が集まっています。より“リアル”になった夢の世界で、窓付きはどんな結末を迎えるのでしょうか。

ゆめにっき (FreeGameNovel)

ゆめにっき (FreeGameNovel)

文: あおきめぐみ

関連エントリー