• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

月刊コミック誌『アフタヌーン』が電子化 約1,000ページのマンガがKindleなどで読める



1000ページ級の巨人漫画誌アフタヌーンがスマホ&PCで毎月読める「アフタヌーン電子版」配信開始! - アフタヌーン公式サイト - モアイ
月刊青年コミック誌「アフタヌーン」、 紙の雑誌の発売日と同時に電子版配信開始!!|株式会社講談社のプレスリリース

電子版の配信は、11月25日発売の2014年1月号からスタートしました。価格は紙の雑誌と同じ680円。2014年1月号以降は、バックナンバーの購入も可能です。樹なつみさんが隔月で連載している「ヴァムピール特別編 KING AND BARON+」は電子版には収録されません。対象の電子書店は以下のリストにまとめられています。

【アフタヌーン電子版】のご購入方法 - アフタヌーン公式サイト - モアイ

2014年1月号には、漆原友紀さんによる「蟲師」の新作が掲載されているほか、実写映画化が発表された岩明均さんの「寄生獣」第1話を再掲載。藤島康介さんの人気作「ああっ女神さまっ」は、同号で25周年を迎えます。また、付録の「蟲師」カレンダーは、データ版を収録。一部電子書店では、購入者特典として紙バージョンのカレンダーがプレゼントされます。

『アフタヌーン』は1986年に創刊したマンガ雑誌。毎号1,000ページ規模のボリュームで発売しています。講談社は、電子化に伴い持ち運びや保管の負担が減るとアピールしています。

アフタヌーン 2014年1月号 [2013年11月25日発売] [雑誌] (アフタヌーンコミックス)

アフタヌーン 2014年1月号 [2013年11月25日発売] [雑誌] (アフタヌーンコミックス)

  • 作者: 冬目ケイ,若緒,漆原友紀,藤島康介,ひぐちアサ,芝村裕吏,キムラダイスケ,秀河憲伸,木尾士目,真苅信二,雨松,植芝理一,北道正幸,黒田硫黄,弐瓶勉,冲方丁,槇えびし,瀧波ユカリ,榎本俊二,市川春子,イシダナオキ,岩明均,赤星トモ,清家雪子,幸村誠,カラスヤサトシ,野村亮馬,閂夜明,濱田研吾,赤名修,秋山はる,十野七,田丸浩史,岡田芽武,楢山とおる,安彦良和,吉本ゆーすけ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/11/25
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
文: タニグチナオミ

関連エントリー