• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

京アニ&Do「C・T・F・K 2013」レポ 原画の展示やトークイベント、ライブにファン笑顔


「京アニ&Do C・T・F・K 2013」イベントレポート
▽ 京アニ&Do感謝祭「C・T・F・K 2013」レポ 原画の展示やトークイベント、ライブにファン笑顔
自分が死んだ後も、作品は残る 名作を生んだ京アニの監督3人が語るアニメのあれこれ - はてなニュース
京アニのプロデューサーと音楽会社のプロデューサーが考える、アニメのこれから - はてなニュース

■ パネルや原画、アフレコ台本など、貴重な資料がずらり

イベントは、展示やトークイベントのステージ、物販などが設置された展示会場と、声優らが登壇するステージ会場の2つに分かれて進行。約5,000人のファンでにぎわいました。

展示会場入り口では、「C・T・F・K」作品に登場するキャラクターのパネルを展示。多くのファンが携帯電話やデジカメなどで撮影を楽しんでいました。


各作品の制作資料や原画、背景画など、ファンにはたまらない資料がところ狭しと並びます。“京アニとDoの仕事”を垣間見るべく、すみずみまで観察する人たちであふれかえっていました。

「Free!」エンディングの原画。

天井から、「Free!」の大きなタペストリーが吊り下げられていました。

「たまこまーけっと」の背景と表情別のイラスト。

「中二病でも恋がしたい!」の原画。

「境界の彼方」の原画。

「中二病でも恋がしたい!」「たまこまーけっと」のアフレコ台本と絵コンテ。

めくって楽しめる「パラパラ原画コーナー」も。

京都アニメーションが制作した歴代アニメ作品のポスターも掲示。ファンが「懐かしい」「面白かった」など当時の思い出を語っていました。

アンケート記入コーナーには、京都アニメーションとアニメーションDoスタッフからのメッセージカードも貼り付けられていました。

■ サプライズゲストも登場したトークイベント

会場奥には、トークイベントゾーンが設けられ、監督やプロデューサー、アニメーターなどが登壇しました。開催されたイベントは下記の通りです。

  • 第1回 監督対談!
    • 登壇者:石原立也さん、山田尚子さん、武本康弘さん
    • スペシャルゲスト:堀口悠紀子さん
  • 第2回 「Free!」キャラデザを語る!
    • 登壇者:西屋太志さん
    • スペシャルゲスト:鈴木達央さん
  • 特別回 スペシャルイベント
    • 西屋太志さんサイン会
  • 第3回 プロデューサー対談!
    • 登壇者:大橋永晴さん、八田真一郎さん
    • スペシャルゲスト:中村伸一さん((株)ポニーキャニオン)、斎藤滋さん((株)ランティス)
  • 第4回 「中二病」×「境界」キャラデザを語る!
    • 登壇者:池田和美さん、門脇未来さん
    • スペシャルゲスト:石立太一さん

どのイベントも、立ち見エリアまで埋まるほどの盛況ぶりでしたが、特ににぎわったのが「Free!」のイベント。キャラクターデザインをテーマにしたトークイベントは、多くのファンが駆けつけ入場制限が敷かれました。サプライズゲストとして橘真琴役の声優・鈴木達央さんが登場すると、盛り上がりは最高潮に。イベントの最後、鈴木さんが「橘真琴」の声で「また来年の夏に会おうね」と言うと、女性ファンの黄色い歓声が会場を包みました。

トークイベント後に開催されたのは、「Free!」のキャラクターデザインを担当した西屋太志さんのサイン会。整理券配布列には、「京アニ&Do C・T・F・K 2013」の開場前から多くのファンが並び、すぐに予定枚数が終了するほどの人気ぶりでした。

色紙のイラストは、今回のために描き下ろしたもの。1人1人の名前とサインを書き、手渡しする西屋さんに、感動で手が震えるファンの姿も。色紙の売り上げは、東日本大震災の被災者に寄付されるとのことです。

「監督対談!」と「プロデューサー対談!」の様子は別の記事で紹介しています。

自分が死んだ後も、作品は残る 名作を生んだ京アニの監督3人が語るアニメのあれこれ - はてなニュース
京アニのプロデューサーと音楽会社のプロデューサーが考える、アニメのこれから - はてなニュース

■ 生朗読、先行上映、ライブと大盛り上がりのステージイベント

ステージ会場では、「境界の彼方」と「中二病でも恋がしたい!戀」のステージイベントが開催されました。ステージイベントのチケットは前売り券の時点で完売。どちらのステージも、約1,000人のファンの熱気に包まれました。

「境界の彼方」のステージイベントは、最初に栗山未来役の種田梨沙さんと、新堂愛役の山岡ゆりさんが登場。2人がMCを務めるインターネットラジオ「ふゆかいラジオ」の公開録音に、ゲストとしてKENNさん(神原秋人役)、茅原実里さん(名瀬美月役)、鈴木達央さん(名瀬博臣役)も登場し、オリジナルストーリーの朗読会、キャストトークを披露。茅原実里さんは、オープニング曲「境界の彼方」を歌うライブも行いました。

「中二病でも恋がしたい!戀」のステージイベントでは、2014年1月に放送される第1話が先行上映されました。ほか、同作に出演する福山潤さん(富樫勇太役)、内田真礼さん(小鳥遊六花役)、赤﨑千夏さん(丹生谷森夏役)、浅倉杏美さん(五月七日くみん役)、上坂すみれさん(凸守早苗役)が登壇し、“中二病バトル”などのキャストトークを繰り広げました。1期のオープニングテーマ「Sparkling Daydream」を歌うZAQさんも登場し、2期のオープニングテーマ「VOICE」を初披露。迫力満点のライブが実施されました。

(c)虎虎/京都アニメーション/中二病でも製作委員会
(c)京都アニメーション/うさぎ山商店街
(c)おおじこうじ・京都アニメーション/岩鳶高校水泳部
(c)鳥居なごむ・京都アニメーション/境界の彼方製作委員会

「京アニ&Do C・T・F・K 2013」イベントレポート
▽ 京アニ&Do感謝祭「C・T・F・K 2013」レポ 原画の展示やトークイベント、ライブにファン笑顔
自分が死んだ後も、作品は残る 名作を生んだ京アニの監督3人が語るアニメのあれこれ - はてなニュース
京アニのプロデューサーと音楽会社のプロデューサーが考える、アニメのこれから - はてなニュース

文: タニグチナオミ

関連エントリー