• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

タモリさんの多彩な魅力とは 芸能人やマンガ家による“証言”で構成した『タモリ』1/18刊行



タモリ :河出書房新社|河出書房新社
『タモリ』では、タモリさんの多様な魅力を、1970年代からの軌跡を検証しつつ探るとのこと。17人の著名人による「拝啓タモリ様」をはじめ、エッセイやコラムで構成した「タモリ考」を3つのテーマで掲載します。

「タモリ考」第一部の「基礎篇」では、故・吉行淳之介さんによるエッセイ「なんだろうねえ、あれは。」や、故・赤塚不二夫さんが記した「奇人タモリと出会う」を再録して紹介。コラムニスト・吉田豪さんがつづった「タモリとヒクソン・グレイシーの共通点」や、映画監督・樫原辰郎さんのコラム「ラジオのタモリ~伝説の『オールナイトニッポン』」も収録されます。

第二部「ジャズ篇」には、ジャズミュージシャン・菊地成孔さんら著名人によるコラムやエッセイが登場。第三部「応用篇」にはタレント・大橋巨泉さんへのインタビューが掲載されるなど、タモリさんの魅力を幅広い視点から捉えた読み物が充実しています。付録は「タモリ人脈図」と「タモリ資料集」です。

タモリ: 芸能史上、永遠に謎の人物 (文藝別冊/KAWADE夢ムック)

タモリ: 芸能史上、永遠に謎の人物 (文藝別冊/KAWADE夢ムック)

文: あおきめぐみ

関連エントリー