• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

作家・装幀家ユニット「クラフト・エヴィング商會」の企画展 世田谷文学館で1/25から



世田谷文学館 - 文学を体験する空間

クラフト・エヴィング商會は、吉田浩美さんと吉田篤弘さんによるユニットです。著作の執筆と、装幀などのデザイン・ワークを中心に活動しています。装幀家ユニットとしては、これまでに「ちくまプリマー新書」など1,000点を超える書籍・雑誌などの装幀デザインを担当しており、2001年には講談社出版文化賞ブックデザイン賞を受賞しました。

作家ユニットとしては、架空のセレクトショップ「クラフト・エヴィング商會」が登場する著作を執筆。さらに、著作内に登場する架空の品々を「作品」ではなく「クラフト・エヴィング商會が仕入れた商品」として展覧会などで発表しています。

企画展では、こうしたクラフト・エヴィング商會のこれまでの活動を総括。作家の三浦しをんさんや小川洋子さんを招いたトークショーも開催します。

料金は一般が700円、高校・大学生が500円、小・中学生が250円。65歳以上もしくは障害者手帳を持っている場合は350円です。

星を賣る店

星を賣る店

文: 青山祐太郎

関連エントリー