読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

過激な科学実験を集めた書籍『Mad Science 2』オライリーから登場 劇的な瞬間を捉えた写真も



O'Reilly Japan - Mad Science 2

同書は、科学に関して“深い知識と愛情”を持つという著者・Theodore Greyさんが考案した実験を35本収録しています。翻訳は高橋信夫さん。写真やウィットに富んだ文章で科学の原理と本当の面白さを伝えるとしており、全8章で構成されています。

収録されている全8章のタイトルは以下の通りです。液体窒素や溶けた鉛に手を入れるなどの体を張った実験が多いだけでなく、LEDやサイリウムといった日常用品を使った実験も用意されています。

  • CHAPTER 1 光あれ(Let There Be Light)
  • CHAPTER 2 実用的な知識 (Practical Knowledge)
  • CHAPTER 3 役に立たない知識(Impractical Knowledge)
  • CHAPTER 4 著者自らの手を危険に曝す(Which the Author Endangers His Hand)
  • CHAPTER 5 ものづくり(Making Stuff)
  • CHAPTER 6 実用的な炎(Practical Fire)
  • CHAPTER 7 役に立たない炎(Impractical Fire)
  • CHAPTER 8 化学の力(Chemical Power)

前作『Mad Science』は、エクストリーム(過激)な実験を通して科学の原理と楽しさを伝えるとして、2010年に発売されました。収録されている54本の実験には、「オレオクッキーを燃料にしたロケット」「コップ一杯の水と電池で水素を作る方法」「シャボン玉爆弾」「雪の結晶を永久保存する方法」などが用意されています。
O'Reilly Japan - Mad Science

Mad Science 2 ―もっと怪しい炎と劇薬と爆音の科学実験 (Make: PROJECTS)

Mad Science 2 ―もっと怪しい炎と劇薬と爆音の科学実験 (Make: PROJECTS)

Mad Science ―炎と煙と轟音の科学実験54 (Make:PROJECTS)

Mad Science ―炎と煙と轟音の科学実験54 (Make:PROJECTS)

文: あおきめぐみ

関連エントリー