• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

ダンボーの“日常”を捉えた写真展、東京・池袋で サンシャイン水族館では「ダンボーをさがせ!」も



http://www.yotsuba10.com/sunshine/

同展は、Arielle Nadelさんの写真集『365 Days of Danboard』をテーマにした写真展です。Nadelさんは2009年から2010年にかけて、「365 Days of Danboard」と題したダンボーの写真を、写真共有サイト「Flickr」に毎日投稿していました。ダンボーが本当に生活しているような光景は、見ているだけで和やかな気持ちになります。2011年には、よつばスタジオからの呼び掛けにより、作品をまとめた写真集が発売されました。
365 Days of Danboard | Flickr
365 Days of Danboard

今回のダンボー写真展では、写真集に収録されなかったカットを含め、300枚以上の“ダンボー写真”を展示します。会場では等身大ダンボーとよつばとの記念撮影スペースも用意するほか、キャラクターショップを併設。同展オリジナルのグッズも販売されます。開催時間は午前10時~午後9時30分。展望台への入場料金のみで入場できます。

  • 展望台入場料
    • 大人(高校生以上)620円
    • 子ども(小・中学生)460円
    • 幼児(4歳以上)310円
    • シニア(65歳以上)500円

写真展の開催を記念し、東京・池袋のサンシャイン水族館では、施設内の展示スペースに紛れ込んだダンボーを探す「ダンボーをさがせ!」が同時に始まります。開催時間は午前10時~午後8時。ミュージアムショップには、よつばがプリントされたトートバッグなどのオリジナルグッズも登場します。

  • サンシャイン水族館入場料
    • 大人(高校生以上) 2,000円
    • 子ども(小・中学生)1,000円
    • 幼児(4歳以上) 700円
    • シニア(65歳以上) 1,700円

365 Days of Danboard

365 Days of Danboard

文: あおきめぐみ

関連エントリー