読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

JR西日本のキヨスクとハート・イン、セブン−イレブンになる 鳥取には“初進出”



JR西日本グループとセブン-イレブン・ジャパンの駅店舗事業における業務提携について(PDF)

西日本旅客鉄道およびジェイアール西日本デイリーサービスネット(以下、JR西日本グループ)とセブン-イレブン・ジャパン(以下、セブン-イレブン)の3社は3月27日(木)、JR西日本グループが運営しているキヨスク店舗とコンビニエンス店舗の駅店舗事業について、業務提携契約を締結しました。これにより、既存の駅店舗約500店は提携店舗にリニューアル。今後の駅店舗計画地では、提携店舗として新規出店されます。

新しい店名について、キヨスク店舗は「セブン-イレブン Kiosk(キヨスク)」に、ハート・イン店舗は「セブン-イレブン Heart・in(ハート・イン)」 に決定しました。それぞれの店舗でセブン−イレブンの商品を取りそろえるとともに、店舗が設置される場所に合わせた構成で商品を用意するとしています。

まずは2014年6月上旬に、京都駅の2店舗、岡山駅、下関駅、博多駅の各店舗の計5店舗が、提携店舗としてリニューアルオープンする予定です。展開エリアの図を確認すると、これまでセブン−イレブンが1店舗もなかった鳥取が対象に含まれていました。

セブン−イレブンの“鳥取進出”に、はてなブックマークのコメント欄には「てことは鳥取県にやっとセブンイレブンができるってこと?」「鳥取初のセブンはホームからか」「これは鳥取にセブンイレブン出店フラグ...?」といった声が集まっています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140327/k10013273261000.html

文: あおきめぐみ

関連エントリー