• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

「笑っていいとも!」超特大号を新宿アルタで生中継 32年間の“グランドフィナーレ”



「笑っていいとも!」アルタビジョン生中継のお知らせ - ニュース | スタジオアルタ

森田一義ことタモリさんが32年間司会を務めてきた「笑っていいとも!」が、3月31日に8,054回目の放送をもって終了します。正午からの最終回の後、同日午後8時~午後11時14分には「笑っていいとも!グランドフィナーレ感謝の超特大号」を生放送。タモリさんの「永遠の憧れの人」である女優・吉永小百合さんが出演するほか、明石家さんまさんやダウンタウン、ウッチャンナンチャン、ナインティナインなどの歴代レギュラー陣が駆け付け、過去のエピソードを振り返るとのことです。

「笑っていいとも!」の収録スタジオが新宿アルタ内にあることから、同施設では最終回に向け、「グランドフィナーレ感謝の超特大号」のポスタービジュアルをビルにラッピング。イラストは、同番組への出演経験があるイラストレーター・久保ミツロウさんが手掛けました。ビルだけでなく、施設へとつながる地下通路や山手線の車両にもタモリさんのイラストが登場しています。
http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2014/140325-116.html

アルタビジョンでは、正午からの最終回と、午後8時からの「グランドフィナーレ感謝の超特大号」を生中継します。超特大号について、フジテレビは「この顔ぶれで果たして時間内に終了するのか心配になるほど盛り上がることは必至!」と説明。タモリさんについては「突然の番組終了を発表して以来、多くを語らなかったタモリだが、誰もが期待しながらも、誰もが来てほしくないと思っている本当に最後の瞬間、一体何を語るのか。固唾をのんでご注目いただきたい」と記しています。
http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2014/140324-110.html

文: あおきめぐみ

関連エントリー