• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

Honda「スーパーカブ」立体商標に登録 乗り物としては国内初で「極めて珍しい事例」



Honda | バイク | スーパーカブ50/スーパーカブ110
Honda | 「スーパーカブ」の形状が日本で立体商標登録認可 〜乗り物として初の快挙達成〜

スーパーカブは、1958年に誕生した原動機付き二輪車です。5月26日付の同社の発表によると、デザインを見ただけで「Hondaの商品である」と認識されるようになったことが特許庁の審査で認められ、立体商標の登録に至ったとのこと。同社は登録につながった理由を「生誕から50年以上の間、機能的な向上を図りつつも、一貫したデザインコンセプトを守り続けた結果」と振り返っています。

世界生産累計台数は、2014年3月時点で8700万台以上。世界で最も多く生産された二輪自動車として、これまでに160ヶ国以上で販売されました。同社は今後もスーパーカブの基本コンセプトを大切にするとしています。

文: あおきめぐみ

関連エントリー