• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

沖縄と西日本は梅雨明け早々「猛暑の可能性」 7~9月の天気予報



向こう3か月の天候の見通し 7月~9月(PDF)
3か月予報、季節の進みはほぼ平年並み(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp

気象庁によると、7月の北日本は平年に比べて曇りや雨の日が多いそうです。8月の天気は数日の周期で変わり、平年に比べて曇りや雨の日が多いとのこと。9月も天気は数日の周期で変わるとしています。気温はほぼ平均並みとの予想です。

東日本は、7月は日本海側で平年に比べて曇りや雨の日が多いとのこと。太平洋側では、7月の前半は曇りや雨の日が多く、後半は太平洋高気圧に覆われて晴れの日が多くなるなど、いずれも平年並みの予想です。8月は平年と同じく晴れの日が多く、9月の天気は数日の周期で変わるとしています。気温はほぼ平年並みの見込みです。

西日本では、7月前半は前線の影響で曇りや雨の日が多いものの、7月後半から8月にかけては晴れの日が多い見込み。9月は日本海側は数日の周期で天気が変わる予想ですが、太平洋側では晴れの日が多いそうです。沖縄・奄美は、7月から9月まで晴れの日が多い予想です。気温は西日本で7月はほぼ平年並み、8月は平年並みか高く、9月は平年並みか低いとの見通しです。沖縄・奄美は7月と8月で平年並みか高く、9月で平年並みか低いと予想されています。

日本気象協会によると、西日本と沖縄は梅雨明けの頃に平年より高い気温が予想され、猛暑になる可能性があるとのこと。北日本は天気がすっきりせず、曇りや雨の日が多くなることから、夏らしい空は少ないかもしれないと予想しています。

文: あおきめぐみ

関連エントリー