• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

準備不要! すぐに「バーベキュー」を楽しめる4つの施設 カフェの庭、肉の直売所など


■ 京王多摩川アンジェ BBQ-VILLAGE

京王多摩川アンジェ BBQ-VILLAGE(バーベキュー ビレッジ) - HeroField.com(手ぶらでBBQ)
都内や首都圏近郊で展開している「手ぶらでBBQ」は、会場ごとにさまざまなプランを用意しています。「手ぶらでBBQ」の会場には、自然に囲まれながら楽しめる神奈川・箱根のバーベキューテラスや、釣りもできる東京ゲートブリッジ近くの江東区立若洲公園キャンプ場も。予約はサイト上または電話で受け付けています。
京王多摩川駅0分水洗トイレ完備手ぶらでBBQが超楽しかった話 - インターネットの備忘録
上記のエントリーには、東京都調布市のバーベキュー会場「京王多摩川アンジェ BBQ-VILLAGE」の利用レポートがつづられています。場所は京王多摩川駅を降りて“徒歩0分”とアクセスしやすく、準備や後片付け、材料の用意はすべてスタッフがしてくれるとのこと。3時間の飲み放題プランは、ソフトドリンクが520円、アルコールドリンクが1,550円からと、価格設定も良心的です。

オプションで、燻(くん)製器を使うスモークセットやピザも注文できます。スモークチーズは期待通りにおいしく、ピザではパリパリの食感を楽しめたそうです。

■ CAFE;HAUSのGarden BBQ

CAFE;HAUSの手ぶらバーベキュープラン
東京メトロ有楽町線・豊洲駅近くにあるカフェ「CAFE;HAUS」の庭で、バーベキューが楽しめます。基本食材をそろえたカジュアルプランをはじめ、日本BBQ協会公認のインストラクターが調理を担当するエグゼクティブプランなどが用意されています。予約はサイト上で受け付けています。
東京メトロ有楽町線豊洲駅30秒手ぶらBBQは幹事に嬉しい立地だった話 - インターネットの備忘録
上記のレポートによると、肉と野菜の量のバランスがよく、素材そのものにオリーブオイルを塗って焼くだけでおいしかったとのこと。肉は分厚くて食べ応えがあり、うまく火を通すためのコツなどをスタッフがレクチャーしてくれるそうです。

終了後に2次会をする場合、豊洲駅の周辺には飲食店が多いため「団体でもギチギチに人数確認せず、ゆるやかに2次会に流れやすい」とのこと。幹事にとってはプランを立てやすい立地のようです。

■ よみうりランドのバーベキューパーク JU-JU

バーベキューパークJU-JU|よみうりランド
東京都稲城市の遊園地・よみうりランドの園内には、「森の中のバーベキュー場」をコンセプトにしたエリア「バーベキューパーク JU-JU」があります。予約をすると入園料がサービスされます。乗り物に乗り放題のチケット「ワンデーパス」付きの特別プランも用意されています。

メニューは、最後に焼きそばも楽しめるレギュラーコース、小学生以下限定のジュニアコース、鹿児島黒牛などブランド肉だけをそろえたプレミアムコースの3種類。予約限定のオプションには、ドリンクの90分飲み放題メニューがあります。

■ 肉卸 肉のオカヤマ 直売所

黒毛和牛専門店 肉卸 肉のオカヤマ 直売所
大阪市住吉区の「肉卸 肉のオカヤマ 直売所」は、有名な部位から稀少な部位まで取りそろえた黒毛和牛専門店です。店内には、購入した肉をその場で焼いて食べられるバーベキューコーナーが用意されています。
買ってその場で焼いて食べられるお肉屋さん - デイリーポータルZ:@nifty
同店を利用したレポートが、こちらのエントリー。バーベキューコーナーを利用したいと受付で告げると、店の人が道具を用意してくれるそうです。肉やソーセージなどの食材は、店内の販売スペースで購入します。ビールの自動販売機があり、コンビニで購入するのと同価格程度で買えるとのこと。価格はお腹いっぱい食べて1人あたり3,000円以下と、リーズナブルだったそうです。

文: あおきめぐみ

関連エントリー