• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

道頓堀の5代目・グリコ看板が引退へ 歴代看板を“再現”する特別展7/3から



5代目グリコ看板リニューアル記念特別展 初代から 5代目までの再現模型を展示 「 道頓堀グリコネオン 」 展 開催 2014年 7月 3日(木) ~ 11月 28日(金) 江崎記念館にて実施 | 【公式】グリコ

「道頓堀グリコネオン展」では、初代から5代目までのグリコ看板を、再現模型や設計図面などの資料とともに紹介します。1935年に建設された初代の看板は、当時としては型破りだった高さ33mの大きさで注目を集めたそう。以来、グリコ看板は大阪のシンボルとして親しまれています。

再現模型では、道頓堀を彩ったネオンの輝きを体感できるとのこと。スマートフォン用のARアプリを使った記念撮影も可能です。なお、5代目の模型は、道頓堀で役目を終えた翌日の8月18日(月)に公開されます。

平日の入館には予約が必要です。開館時間は曜日や期間によって異なります。詳細は江崎記念館のページをどうぞ。
<見学施設>江崎記念館(大阪) | 【公式】グリコ

1998年7月に設置された5代目のグリコ看板には、陸上競技場のトラックを走るランナーの背景に、大阪を代表する4つの建物「大阪城」「海遊館」「大阪ドーム(現在の京セラドーム大阪)」「通天閣」が描かれています。2014年で16年目を迎え、老朽化を理由に大幅な改修工事が決定。工事は8月中旬ごろに始まり、秋には6代目が完成する予定です。
大阪道頓堀のグリコ看板をリニューアル 5代目から 6代目へ ~ 2014年秋完成予定 ~ | 【公式】グリコ

文: あおきめぐみ

関連エントリー