• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

書くと涙が出る「オニオンノート」 辛味が強いフランスのタマネギ成分を塗り込む



http://onionnote.com/

「オニオンノート」は、Magnus Ferreusが発表したノートです。目や鼻の粘膜を刺激するタマネギの成分「アリルプロピオン」を、紙に塗り込んでいます。ノートに使用しているタマネギは、辛味が強い晩成のフランス産タマネギ。同社は、文字を書く際の摩擦熱が「アリルプロピオン」を気化させる独自技術で特許を出願しています。

タマネギの繊維構成を採用した紙は、薄さ0.024ミリメートル。タマネギのトリートメント効果で、さらさらとした書き心地を実現しているとのことです。オニオンノートは、世界に先駆け日本で発売されます。

はてなブックマークのコメント欄には、「これで家計簿つければ…」「お葬式みたいな授業風景になるのかな」「このノートに消しゴムつかったらすごいことになりそう」などの声が寄せられています。

Magnus Ferreusでは、YouTubeで公開されているCM動画をFacebookでシェア、Twitterでツイートすると、抽選で333人にオニオンノートが当たるキャンペーンを実施しています。


オニオンノート/図書館篇 - YouTube


オニオンノート/ダイニング篇 - YouTube

文: タニグチナオミ

関連エントリー