• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

スタジオジブリ作品の建造物に迫る「ジブリの立体建造物展」 ミニチュア立体作品や背景画を展示



次回の展示│江戸東京たてもの園

同展では、スタジオジブリ作品に登場する建造物の背景画や美術ボード、美術設定といった制作資料を公開します。代表的な建造物は立体で表現し、その設計の源に触れるとのこと。チラシには、「千と千尋の神隠し」に登場する油屋、「となりのトトロ」の草壁家、「コクリコ坂から」のカルチェラタンなどが掲載されています。

入園料は一般が400円、65歳以上が200円、大学生(専修・各種含む)が320円、高校生・都外の中学生が200円、都内在学または在住の中学生・小学生以下が無料です。開園時間は7月~9月が午前9時半~午後5時半、10月~12月が午前9時半~午後4時半。休園日は毎週月曜日(祝休日の場合はその翌日)です。

文: あおきめぐみ

関連エントリー