• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

レゴブロックの「世界遺産展」第3弾、大阪で開催 新作は富士山やウィーン歴史地区など



- Exhibition - World Heritage Exhibit Built With LEGO BRICK | レゴで作った世界遺産展 PART-3

同展は、世界遺産条約採択40周年を記念した展覧会です。2012年秋にスタートし、東京や愛知など日本各地を巡回してきました。大阪でレゴブロックを使った世界遺産展が開催されるのは、2012年夏のPART-2以来、約2年ぶりです。

展示作品は「サグラダファミリア」「マチュ・ピチュの歴史保護区」「白川郷・五箇山の合掌造り集落」などをラインアップ。前回に加えて新しく展示される作品には、「富士山」「ウィーン歴史地区」「シドニー・オペラハウス」「日光東照宮」「平泉・仏国土を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群」などが挙げられています。

会場ではこのほか、TBS系列のドキュメンタリー番組「THE 世界遺産」の映像上映や、期間限定ショップを展開。JAXA(宇宙航空研究開発機構)が協力した特別企画として、宇宙から撮影した世界遺産の写真展や、会場を宇宙の視点で見られる特別展望スペースも用意されます。

開催時間は午前11時~午後8時。入場料は大人が400円、小学生が200円、小学生未満が無料です。

文: あおきめぐみ

関連エントリー