• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

世界の“ちょっと怖い”都市伝説で英語を学ぶ本 ナレーションにこだわったCD付き



英語学習・TOEIC対策・英辞郎 on the WEB | アルク

同書は、アメリカ、イギリス、日本の都市伝説から厳選したという“ちょっと怖い話”を英語で掲載しています。映画化もされているエピソード「ベビーシッター」や、2009年にネットで話題になったという「スレンダーマン」など、怖さのバリエーションに富んだ物語を集めたとのこと。テレビ番組でも取り上げられた、イギリスの「座ると必ず死ぬ椅子」も収録しています。日本の都市伝説からは「トイレの花子さん」と「口裂け女」が登場です。

掲載されている英語のレベルは初級以上で、英検準2級またはTOEIC470点程度が対象だそう。固有名詞や難しい単語には語注が付いているほか、見開きページには日本語訳が記載されています。CDには、すべての物語本文の英語音声を収録。ナレーターの“真に迫った”声で、より深く物語の世界に入り込めそうです。書籍の詳細ページでは、音声を試聴できます。

CD・DL付 英語でゾクゾクする ちょっと怖い話 (アルクの英語よみもの)

CD・DL付 英語でゾクゾクする ちょっと怖い話 (アルクの英語よみもの)

文: あおきめぐみ

関連エントリー