• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

いつから「シャツの裾をズボンの中に入れるのはダサい」という風潮に? 疑問に多くの意見



<シャツの裾をズボンの中に入れるのはダサい>はいつから? 80… - 人力検索はてな

質問のタイトルは「<シャツの裾をズボンの中に入れるのはダサい>はいつから?」で、7月27日(日)に投稿されました。質問者はもともとこのテーマに興味があり、ブログで話題にしたこともあるそう。1980年代が舞台のドラマ「アオイホノオ」の放送と、岡田斗司夫さんの「あの時代、男たちはみんな『シャツはズボンに入れる』だったのです」という解説ツイートから、興味が再燃したそうです。

岡田斗司夫さんによるドラマ「アオイホノオ」第1話解説 - Togetterまとめ

この疑問に対し、人力検索はてなでは「ヒップホップが流行した1994~95年」などの回答が寄せられています。はてなブックマークのコメント欄には、「80年代後半には既にシャツは出すものという認識だったはず@東京」「YouTubeのB'z公式チャンネルでPV公開してるんで確認してみたら94年(Don't Leave Me)まではインで95年(ねがい)から外に出してた」「要するにシャツをアウターとして着るようになったということかと」など、幅広い意見が書き込まれています。

回答は8月3日(日)午前9時17分まで受け付けています。

文: タニグチナオミ

関連エントリー