• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

大阪がゾンビスポットに――2014年夏に開催されるホラーアトラクション3つ


■ 脱出ゲーム×ホラーアトラクション「THE迷宮の館」

meikyu-zombie2014.com - 
脱出ゲームとホラーアトラクションを融合させた「THE迷宮の館~第1章 ゾンビからの挑戦状~」は、8月31日(日)まで京セラドーム大阪(大阪市西区)9階のスカイホールで開催されています。内容は「人類の危機を救うゾンビワクチンの獲得」を目的とした、ミッション遂行型のタイムトライアルゲーム。参加者はゾンビが屋敷内に仕掛けたあらゆる罠を時間内に解き、脱出を試みます。

ゾンビの恐怖と戦いながらミッションをこなすことで、手に汗を握るスリルを体験できそうです。館内では、五感を刺激する演出効果で恐怖心をさらにあおるとのこと。実行委員会によると、脱出成功率は1%未満だそうです。

THE迷宮の館 ~第1章ゾンビからの挑戦状~ - YouTube
感染注意!最恐ゾンビが京セラドームを乗っ取る!?脱出率1%未満の脱出ゲーム×ホラーアトラクション7月26日~限定オープン|プレスリリース配信サービス【@Press:アットプレス】

■ 生存はほぼ不可能? USJの「バイオハザード・ザ・リアル2」

http://www.usj.co.jp/biohazard/summer2014/
USJ(大阪市此花区)は、サバイバルホラーゲーム「バイオハザード」シリーズをテーマにしたアトラクション「バイオハザード・ザ・リアル2」を11月9日(日)まで実施。参加者はウイルス感染度合いを表すインジゲーターが付いたショットガンを装備し、荒廃したラクーンシティを舞台に、命がけの脱出に挑みます。

ゾンビやクリーチャーと戦うにつれ、感染度数は上昇。感染度を下げるアイテム「ハーブ」を探しながら、襲い掛かるゾンビを銃撃して進んでいきます。ウイルスに感染せず生き残る確率は“ほぼ0%”だそうです。ゲームに入り込んだかのような世界で、無事に生還することはできるでしょうか。
ニュース:株式会社ユー・エス・ジェイ

■ リアルなゾンビが出現する「ゾンビ防衛大学」

ゾンビミュージアム|ゾンビ屋敷2016年夏、大丸心斎橋店に出現!新感覚お化け屋敷!
来たるゾンビフィーバーに備えて、大阪に「ゾンビ防衛大学」を設立? お化け屋敷ならぬ“ゾンビ屋敷”が、大丸心斎橋店(大阪市中央区)北館14階のイベントホールに登場しました。舞台は、建設途中のゾンビ防衛大学解放区域で行われている体験入学会。会場にはゾンビ制御装置「ゾンバリアー」によってフリーズ状態になっている演習用のゾンビが大量移送されますが……。ウォークスルーアトラクションをベースとし、プレイヤーが選択する分岐行動によって何度も楽しめる構成になっているそうです。

待ち受けるゾンビの見た目は、映画の特殊メイク技術でリアルに表現。セーラー服ゾンビ、ナースゾンビ、B-BOYゾンビ、おばちゃんゾンビなど、個性的なゾンビたちがそろっています。恐怖度に合わせたルート選択が可能で、恐怖度やゾンビの数は時間帯によって変化します。開催期間は8月25日(月)までです。
世界初“ゾンビの大学” 開講!?『ゾンビ防衛大学』大阪に”お化け屋敷のスペシャリスト”が仕掛ける最新ホラーアトラクション初上陸 - お化け屋敷製作委員会のプレスリリース

Title Photo by Elio Yañez

文: あおきめぐみ

関連エントリー