• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

似合う「サングラス」の選び方 ポイントは顔とのバランス&レンズの色


■ サングラスって必要なの?

サングラスの基礎知識・お手入れ情報 | ご利用ガイド | JINS - 眼鏡(メガネ・めがね)
サングラスと聞いて「自分には必要ない」「日差しがまぶしくても気にならない」と思った方、ちょっと待ってください。JINSのサイトではサングラスが必要な理由として、目の紫外線対策と肌の日焼け対策の2つを挙げています。

太陽光に含まれる紫外線は、角膜炎・白内障などの眼疾患を引き起こすほか、疲労・老化の原因になるといわれています。また紫外線による目の細胞のダメージに脳が反応し、メラニンを作る指令を出すため、紫外線に当たっていない肌までも黒くなってしまうそう。目が紫外線にさらされると、肌にまで影響があるのは驚きです。

■ “サングラスが似合わない”原因は?

自然なのはグレー お気に入りサングラスの選び方|WOMAN SMART|NIKKEI STYLE
上記のエントリーでは、サングラス選びで失敗しがちなポイントをイラスト付きで解説しています。「サングラスをかけてみたけど、どうも似合わない……」という人は、次のような原因があるかもしれません。

  • レンズが大きすぎる
  • レンズの色が濃すぎる
  • レンズが中央(鼻)に寄りすぎ
  • 眉とフレームの上のラインが合っていない
  • 柄の部分が広がるほど顔を締め付けている

エントリーではこれらの失敗をカバーするためのコツも紹介されています。

■ サングラスの選び方

いよいよ、サングラス選びに入っていきましょう!

<顔の形とフレームの相性、レンズの色で選ぶ>

サングラスの選び方・セレクト方法 | ご利用ガイド | JINS - 眼鏡(メガネ・めがね)
似合うが見つかる!サングラスの選び方 | メガネ通販のZoff[ゾフ]オンラインストア【眼鏡・めがねブランド】
JINSやZoffのサイトでは、顔の輪郭とフレームとのマッチ度が表で分かりやすく説明されています。どうやら選ぶポイントは、顔の輪郭と逆の形のフレームを選ぶことにあるようです。自分は丸顔だという人は、エッジの効いたスクエアタイプが、反対に四角顔の場合には、丸みを帯びたタイプがいいようです。

また特にサングラスの場合は、レンズの色選びが重要になるそう。日本人の肌になじみやすく、遠景がよく見えるブラウン、スタイリッシュかつ合わせやすく、まぶしさを防ぐ効果の高いグレーなど、色によって与える印象や機能性が異なります。下記の動画では、実際にかけてみた場合の印象がよく分かります。あわせてチェックしておきましょう!

サングラスの選び方 - YouTube

<サングラスのフィット感をチェック>

選び方|SWANS【山本光学株式会社】
スポーツサングラスやゴーグルを扱うSWANSは、自分の顔にフィットするサングラスを選ぶポイントとして、下記の4つを紹介しています。

  • 鼻にしっかりフィットしている
  • レンズと黒目の位置のバランスが取れている
  • 頬とサングラスの隙間が広すぎたり狭すぎたりしない
  • 側頭部にフィットしている

試着したときにどうもしっくりこないというときには、この4つのポイントをチェックしてみましょう。


Title Photo by Cali4beach

文: ishihara

関連エントリー