読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

金閣寺も作れる球体磁石「Nanodots」9月から日本で正式販売開始



次世代のレゴと評された球体の磁石Nanodotsが9月より日本で正式販売開始|プレスリリース配信サービス【@Press:アットプレス】
nanodots(ナノドッツ) | 磁石の球体ブロック

Nanodotsは磁気を帯びた小さな球体です。「金閣寺」や「チェスの駒」など、球体を組み合わせてさまざまな形を作り上げて遊べます。2008年にハンガリーの数学者が「球体磁石がさまざまな形に対応できる可能性がある」ことを発表、Nano Magneticsが共同で研究開発を進め、製品化しました。現在は世界約30ヶ国で販売されています。YouTubeで「Nanodots」と検索すると、Nanodotsを使った多くの動画が並びます。

Nanodots - YouTube

PathGateはNanodotsの日本における輸入総代理権を取得し、9月から正式な販売活動を開始します。9月3日(水)~5日(金)に開催される「第78回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2014」で展示を行い、作品制作を実演します。

公式のプロモーションビデオや商品紹介ムービーも公開。なぜか「関西弁バージョン」も用意されています。

Nanodots プロモーションビデオ from Shogo Oda on Vimeo.

nanodots 商品紹介 関西弁 from Shogo Oda on Vimeo.

文: 深山こよみ

関連エントリー