• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

台風接近、クリエイターはCGでコロッケを作った Twitterで2週にわたる“コロッケ祭り”



台風が来たのでコロッケ作ってみたよ!(CGで) - Togetterまとめ

クリエイターによる“コロッケ祭り”は台風18号が日本に接近した10月5日にスタートし、Twitterには続々と“渾身(こんしん)の1品”が集まりました。盛り付けやシチュエーションもさまざまで、中には「コロッケ飛んできた感」「ビッグサイトの屋上にコロッケ」など置き場所にこだわった作品も。プラネタリウムの映像制作などを手掛けるKAGAYAさんが制作したコロッケは、色合いや衣のサクサクとした見た目がまるで揚げたてのようです。

台風19号が接近した際にも、衣をわざと皿の上に散りばめたり、光の当て方を工夫したりしたこだわりの“CGコロッケ”が投稿されました。Togetterでツイートをまとめたぐるくんさん(@gurukun237)は、祭りについて「遊びのようですが『物体に小さなランダムなものを沿わせる』というテクニックの勉強になりました!それぞれソフトの特徴が出ていて面白いですね」とコメント。祭りそのものを楽しむだけでなく、CG制作の腕を磨く練習の場にもなっているようです。

文: あおきめぐみ

関連エントリー