読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小惑星探査機「はやぶさ2」打ち上げ、11/30昼にネット配信 各地でパブリックビューイングも

世の中 ヘッドライン



ライブ中継:はやぶさ2特設サイト | ファン!ファン!JAXA!

H-IIAロケット26号機は、種子島宇宙センター(鹿児島県熊毛郡)から打ち上げられます。第1部は11月30日昼12時30分~午後1時45分ごろに配信。ロケットの打ち上げだけでなく、はやぶさ2の紹介や準備状況のVTRなども配信します。第2部の配信は同日午後3時ごろ~午後3時30分ごろで、分離予定時刻の約15分前から開始するとのこと。分離は打ち上げから約1時間47分後の予定です。

ネット配信はJAXA(宇宙航空研究開発機構)のサイト、YouTube・UstreamのJAXA公式チャンネルのほか、ニコニコ生放送などでも行われます。ケーブルテレビでも放送予定です。各地の科学館やJAXAの事業所などではパブリックビューイングも実施。会場リストは以下のページにまとめられています。

ライブ中継パブリックビューイング会場一覧:はやぶさ2特設サイト | ファン!ファン!JAXA!

はやぶさ2は、小惑星「イトカワ」を目指した初代はやぶさの後継機として開発されました。打ち上げから約1年間は地球軌道の近くを航行し、新たな目標の小惑星「1999 JU3」に向かいます。今回は人工クレーターを作り、小惑星内部のサンプル採取を試みるとのこと。2018年に小惑星へ着陸後、約1年半の滞在を想定しています。はやぶさ2の帰還は2020年12月の予定ですが、地球へ戻ってくるのは小惑星サンプルの入った再突入カプセルのみとのこと。はやぶさ2はそのまま地球の横をすり抜け、新たな目的地へと向かうそうです。

はやぶさ2応援キャンペーン|トップページ

文: あおきめぐみ

関連エントリー