読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

CSSを使ってアルファベットを“描く” Webの進化も見える「CSS SANS」



CSS SANS

本来CSSは、Webページのレイアウトや文字間の調整に使われるもので、文字のデザインはできませんでした。そこで、CSSで使えるさまざまな要素を組み合わせることで、文字のデザインを試みたそうです。

ブラウザのバージョンによってCSSのバージョンが違うので、表示されるWebページの見た目が異なります。古いバージョンのCSSでフォントを描こうとしても、繊細な表現ができずに文字がつぶれます。新しいバージョンになるにつれて複雑な表現ができるようになり、文字をきれいに表示できます。その新旧の差をフォントとして見せることで、Webの歴史を視覚化しているそうです。

CSS SANS

さまざまなブラウザでCSS SANSを表示したときの形をアウトライン化した、フォントデータも制作。それぞれのブラウザ名がフォントファミリーになっており、インストールして使えます。ソースコードもダウンロードでき、他のWebサイトでも利用できます。

はてなブックマークのコメント欄には、「がんばったなw」「形が単純なアルファベットだから作れたのかも?」「これは凄い。業が深い… 」「変態としか言えない(褒めてる」などの感想が集まっています。

CSS SANS - YouTube

文: 文月聡

関連エントリー