読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電子書籍ストアの「ブックウォーカー」、紙書籍の出版を開始

カルチャー Web・IT ヘッドライン



電子書籍戦略会社であるブックウォーカーから、4月に4点紙書籍が発売になります。|株式会社ブックウォーカーのプレスリリース

出版されるのは、30分前後で読み切れる電子書籍専用レーベル「カドカワ・ミニッツブック」で紙書籍の要望が多かった作品や、Web連載をまとめたものなどです。ターゲットを明確にしてSNSなどを活用することで、確実に販売できる見込みがあるそうです。

第1弾は、ビジネスパーソン向けにインフォグラフィックを用いたプレゼンテーションを説く『シンプル・ビジュアル・プレゼンテーション』や、産後女性の記録をコラムやイラストを使って紹介する『産褥記 産んだらなんとかなりませんから!』など、以下の4点が選ばれました。

  • 『シンプル・ビジュアル・プレゼンテーション』櫻田潤
    • 4月10日発売、1,728円
  • 『9番目の音を探して 47歳からのニューヨークジャズ留学』大江千里
    • 4月17日(金)発売、1,944円
  • 『産褥記 産んだらなんとかなりませんから!』吉田紫磨子
    • 4月24日(金)発売、1,404円
  • 『ゲーマーはもっと経営者を目指すべき!』4Gamer.net編集部/川上量生
    • 4月24日(金)発売、2,052円

(※価格はすべて税込み)

シンプル・ビジュアル・プレゼンテーション

シンプル・ビジュアル・プレゼンテーション

ゲーマーはもっと経営者を目指すべき!

ゲーマーはもっと経営者を目指すべき!

文: 文月聡

関連エントリー