読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

“悪玉”ドローンを防ぐ ALSOKが対ドローン対策を開始



センサーを組み合わせて警戒領域への侵入を早期に検知「ALSOKゾーンセキュリティマネジメント®」ドローン脅威に対応/ALSOKニュース

「ALSOKゾーンセキュリティマネジメント」と呼ばれるこの対策では、ウェアラブルカメラやスマートフォンなどを装備した警備員「ALSOKハイパーセキュリティガード」と、音響センサー・電波探知機・カメラなどのセンサー類がコントロールセンターと連携することにより、悪意あるドローンの侵入・脅威を事前に防ぎます。コントロールセンターでは、現場で検知された音声や画像を確認し、警備員に指示を出して対応します。

同社は、ドローンを活用した空からの施設空撮サービスを2014年10月に開始し、警備サービスへの活用も検討していました。しかし2015年4月に首相官邸でドローンの落下事件が発生。ドローンを有効活用するだけでなく、その脅威への対策の必要性から、今回の取り組みを開始したそうです。

ALSOK、飛行ロボットで空からメガソーラー発電施設をみまもり/ALSOKニュース

文: 文月聡

関連エントリー