読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1日が1秒長くなる「うるう秒」3年ぶりに実施 時報音で体感も

学び 世の中 ヘッドライン



質問4-3)「うるう秒」ってなに? | 国立天文台(NAOJ)

2015年7月1日は1日が1秒長い! | 国立研究開発法人 情報通信研究機構

かつて時刻を決める際には地球の公転・自転に基づく「天文時」が用いられていましたが、1958年からはより高精度な原子時計に基づいて決められるようになりました。原子時計によって1秒の長さが正確になった一方で、地球の不規則な公転・自転によるずれが発生。そのずれを0.9秒以内にするため、1972年から必要に応じて原子時計を1秒だけ調整する「うるう秒」の挿入が行われています。

世界的にうるう秒が調整されても、企業のコンピューターシステムに使われている時計などでは、自動的に調整されない場合があります。時刻のずれによってコンピューターが正しく動作しなかった場合、社会に影響を及ぼす可能性もあるそうです。

多くの電波時計では、1日1回程度しか時刻が調整されないため、うるう秒の挿入後は自動受信が行われるまで1秒ずれた状態になるそう。手動で電波受信をすることで、正確な時刻に合わせられます。以下のWebページにアクセスすれば、正確な時刻と使用しているコンピューターの時刻を確認することができます。

JST Clock

耳でうるう秒を体感

時報サービス「117」の「うるう秒」調整の実施について|プレスリリース配信サービス【@Press:アットプレス】

NTTの時報サービスを使えば、うるう秒を耳で確かめることができます。加入電話などの場合、午前8時59分58秒から予報音が3回鳴り、午前9時に時報音が1回鳴ります。ひかり電話では、午前8時59分57秒から3回の予報音が流れ、午前8時59分60秒と午前9時の2回、時報音が鳴ります。

加入電話など

  • 午前8時59分58秒(ピッ)
  • 午前8時59分59秒(ピッ)
  • 午前8時59分60秒(ピッ)
  • 午前9時00分00秒(ポーン)

ひかり電話

  • 午前8時59分57秒(ピッ)
  • 午前8時59分58秒(ピッ)
  • 午前8時59分59秒(ピッ)
  • 午前8時59分60秒(ポーン)
  • 午前9時00分00秒(ポーン)

文: 文月聡

関連エントリー