• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

「スーパーマリオメーカー」をきっかけに、反抗期の息子と“超喋る”ようになった親子の話



スーパーマリオメーカーとかいうゲームはヤバイ

はてな匿名ダイアリーに投稿された記事「スーパーマリオメーカーとかいうゲームはヤバイ」で投稿者が話題にしているのは、任天堂が9月10日に発売したWii U専用ソフト「スーパーマリオメーカー」。「スーパーマリオブラザーズ」シリーズの素材を使って好みの横スクロールステージを自作したり、他の誰かが作ったステージを遊んだりできるゲームです。投稿者は、反抗期を迎えた中学3年生の息子と数年間ろくに会話ができていなかったとのこと。しかし、スーパーマリオメーカーを通して会話が弾むようになり、ゲームがもたらした影響力の大きさに衝撃を受けたそうです。

記事には、親子の間で交わされたいくつかのやりとりが記されています。仕掛けた罠に父親が引っ掛かると大笑いしたり、途中で詰まるとアドバイスをくれたり。そんな息子の様子を、父親である投稿者もうれしく受け止めているようです。ステージを遊んでもらうときは“テカテカした顔”で父親を待っているという息子の様子からも、親子の間に流れる微笑ましい空気が伝わってきます。

ゲームを通して2人の間に生まれたルールや罰ゲームも、親子の距離が縮まった証拠なのかもしれません。投稿者は最後に「これが家族団らんなのか 超楽しいじゃん 超幸せじゃん どうか息子が飽きませんように」とつづっています。

はてなブックマークのコメント欄には「まさにファミリーコンピューター」「息子が飽きて反抗期に戻っても、思い出は一生消えない」「はー、涙流れそうだ」などの感想が。ゲームをきっかけに、忘れられない親子の思い出が増えました。


Title Photo by The Conmunity - Pop Culture Geek

文: あおきめぐみ

関連エントリー