読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴロゴロしながら肩凝り、腰痛を解消! 寝転んでできる簡単ストレッチ


■ 首や肩の凝り、シェイプアップに! 5つのストレッチ

寝室で寝ながらストレッチ:シーン別 凝りとりストレッチ:日経Gooday(グッデイ)

寝室で寝ながらストレッチ:シーン別 凝りとりストレッチ:日経Gooday(グッデイ)

こちらのエントリーでは、寝ながらできる5つのストレッチを紹介しています。首や肩を伸ばす「ネコ伸びストレッチ」、“小尻とくびれ”を作るという「脚振り子ストレッチ」、むくみ防止のための「脚上げストレッチ」など、目的に合ったものを選んでみましょう。

■ ゴロゴロしながら、腰痛予防ストレッチ

【運動】寝たままラクラク!腰痛予防ストレッチング健康作りを楽しむ|健康づくりを目指す方へ|日本健康開発財団

【運動】寝たままラクラク!腰痛予防ストレッチング健康作りを楽しむ|健康づくりを目指す方へ|日本健康開発財団

寝たままの楽な姿勢でできる、腰痛予防のストレッチもあります。仰向けになって全身を伸ばしたり、ひねったり、膝を抱えたり、両足を開いたりと、いずれも簡単な動作ばかり。腹筋や背筋を意識して伸ばします。

■ 朝までぐっすり眠りたいときは、毛布でストレッチ

布団でストレッチダイエット|方法と効果-朝までぐっすり安眠!毛布でバンザイストレッチ - gooダイエット

布団でストレッチダイエット方法と効果-朝までぐっすり安眠!毛布でバンザイストレッチ - gooダイエット

安眠効果があるという、毛布を使ったストレッチがこちら。毛布を丸めて背中の肩甲骨付近に当て、バンザイをするように腕を伸ばしましょう。毛布がない場合は、枕で代用できます。肩周りの筋肉をほぐしながら深呼吸(腹式呼吸)することで、リラックス効果が高まるそうです。

■ 朝、起き上がる瞬間にできるストレッチ

YouTube

通販サイトのケンコーコムは、朝起きるついでにできるストレッチを動画で紹介しています。やり方は寝転んだ状態から両脚を抱え、脚の反動を使って起き上がるというもの。腰とお尻をほぐす効果が期待できます。反動を使わず起き上がるようにすれば、腹筋も鍛えられます。起きる際の習慣にすれば、スムーズに朝の活動をスタートできそうです。


Title Photo by Robert Couse-Baker

文: ishihara

関連エントリー